体の負担も小さく

夜の明かり

大阪で一番よく知られているものといえば、やはり「たこ焼き」になるのではないかと考えられますし、まず、大阪の食べ物といえばと聞かれると、まず出てくる言葉第一位となります。
ほかの地域の人たちも、大阪の食べ物といえばまず最初に思い出す言葉になっているものです。
そのたこ焼きは、主に屋台や飲食店で販売されておりますが、大阪府民では一家に一台たこ焼き器を持っているといわれるほど主流の食べ物となっております。
といいましても、必ずしも家庭に一台たこ焼き器を持っていなければならないというわけではなく、それだけよく食べられているものとして伝えられていることでして、もちろん、たこ焼き器を持っていない家庭も存在しております。

最近の大阪のたこ焼きはなかなかユニークになってきておりまして、今ではその中に入る具はたこだけではなくなってきております。
最近ではその中に入れる具にはチーズであったり、卵(うずら)だったり、ニンニクだったり、ほかにもキムチ、ウインナー、お餅、コーンなど、いろんな具材が出てくるようになり、いろんな味で楽しむことができるようになってきているのです。
手軽で安く買って食べることができるたこ焼きは、長年大阪の名物として知られるようになり、今では日本だけに限らず海外の観光客にも食べてもらえる名物となり、広がってきております。
そのため、海外の言葉で対応するたこ焼きのお店も増えてくるようになってきているようです。